会長所信

令和元年度 
伊万里商工会議所青年部
会長 黒川 淳一
  
 この度、伊万里商工会議所青年部の平成31年度会長を拝命いたしました、黒川淳一です。どうぞ、よろしくお願いいたします。
 本年度は、30年間に及ぶ平成の時代が終わり、新元号元年となる新しい時代の始まりの年です。商工会議所は『商工業の健全な発展』『社会一般の福祉の増進』を目的として1878年3月に発足いたしました。『明治』に始まり、それ以降『大正』『昭和』『平成』と140
年間、商工業の振興を通じて、日本経済の健全な発展に寄与してきました。その一翼を担ってきたのが、我々YEGです。
 YEGは『青年経済人としての成長』と『会員相互の交流』を通じて、企業および地域経済
の発展を図ることを目的とする、若手経営者の研鑽の場です。私も13年間のYEG活動を通
じ、沢山の方と出会い、仲間ができました。また、多くの先輩方を始め、メンバーと共に活動
することで、経営者としての考え方や行動について学ぶことができました。未だ未熟者ではありますが、YEGのおかげで、少しずつでも成長できていると感じております。
 今日の我々、中小企業を取り巻く環境は急速に変化しており、様々な課題への対応を迫られています。特に労務関係一つを取り上げてみても、人材不足の中においてワークライフバランスが求められ、残業時間の抑制等、働き方改革に対応していくことが必要となっています。
いまの時代において、次代への先導者として、我々YEGに求められていること、やるべきこ
とは何でしょうか…。
 本年度はスローガンを『自他共栄 我ら新時代の連帯の証へ、栄伊 恵維・応』とし、一年
間活動して参ります。会員一人一人に個性があり、価値観も違います。しかし、自分たちの住む佐賀・伊万里を良くしてゆこうという想いは、皆同じではないでしょうか。企業の発展は地域の発展と言われます。自分だけの為だけでなく、人の為に何ができるか、その想いの積み重ねが、団結となり、大きな成果を生むと信じています。YEG活動が、会員企業の継続・発展に寄与することができれば、YEGへ加入している意義があり、YEGの価値向上にも繋がってゆきます。次代を支える人財となる為に、『共に学び、共に成長』してゆくことが、いま我々、青年経済人に求められていることではないでしょうか。地域を支える青年経済人として、先導者たる気概で研鑽に努めて参りましょう。
 結びに、本年度一年間を私のYEG生活の最後の大仕事と肝に銘じ、しっかりと会長の職責を果たし、一年後、伊万里YEGが『連帯の証』となれるよう一心不乱の想いで、YEG活動に挑んで参ります。
皆様の御理解、御協力を賜りますよう、何卒、よろしくお願いいたします。


【重点事業計画】
①伊万里YEG広報活動の充実
②新入会員の増員
③収益事業の研究・開発
④イルミネーション事業の開催
⑤各種例会の開催
⑥どっちゃん祭への参画
⑦佐賀県連事業への参画(会員大会、親睦大会、研修事業)
⑧九州ブロック大会『こばやし元年祭』への参加
⑨全国大会『ふじのくに静岡ぬまづ大会』への参加
⑩全国サッカー大会 長崎大会への参加




ページのトップへ戻る